木洩れ日の下で
日々の出来事を、友人に紹介する
フリーエリア



プロフィール

shiva

Author:shiva



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Conffession

またしてもスペルが違うかな?(・・;

「告白」を読みました
文庫本かされてやっと^-^;

物議を呼んだ、聞いていましたが
読み手に委ねる結末でした

登場人物は、自分のプライドや価値観だけが先走りした現代っ子的な主犯
他人の存在や価値を認められないのに
自分だけは認められないと許せない、さびしいといった自己中心的な人物たち

取り巻く大人も、我が子だけはと固執した母親や
感化されやすい未熟な大人・・・未熟な大人は私自身もか(笑)

物語中、唯一の良心かとも思えた人物は
自己陶酔の倒錯思考者だったという・・・・^-^;

解決も救いもない結末と評した方もいたようですが
これはこれで作者の手法であって
結末も正論や倫理観をどんなに重ねても
理不尽な理由で大切なものを奪われたら
「憎悪」や「復讐」を拭うことはできないという人の闇の感情


おもしろいというのは不謹慎かも知れないけれど
これはすごい作品だったと思いました(・・)b


エヴァにしてもそうだったけど
作り手側から答えまで提示されないと完結できないのは
イマジネーションの問題なんだろうなぁ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/03 13:17】 | # [ 編集]


忘れられていたかと思ってたけど
コメントありがとうございます(っ・・)人(・・)


【2010/05/11 07:32】 URL | shiva #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://komorebinositade.blog15.fc2.com/tb.php/232-0d8fc9d1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。