木洩れ日の下で
日々の出来事を、友人に紹介する
フリーエリア



プロフィール

shiva

Author:shiva



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう一つの世界

アバターを観て来ました(・・)ノ

2012を観に行った時に予告を見て
こういうストーリーなのかと興味を持ち
行くなら年末のお休みの間にと
朝早起きして行って来たよ

ダンスウィズウルブス的なストーリーかも知れないけれど
未知のものを知る事で変っていく
つながること
見つめること
ジェームズ・キャメロンが10年以上も温め続けただけあって
すごく作り込まれた映画でした

エイリアンでもそうでしたが
「企業」が人道や道徳よりも利益を優先する場面
機械の造形もエイリアンの世界の延長にあるような造り^-^
描こうとする底辺は
エイリアンもターミネーターも共通していたのかなぁ?

それから劇場の3D上映で観たのですが
イメージしていた3Dとはまるで違っていました
すんごく鮮明に映し出される映像に
本当にその場にいるかのような感覚を覚えます
劇場で観るなら3Dオススメです

ストーリーの冒頭で語られる生命のこと
必要以上に奪わない
命を敬えない者は、それを奪う資格はない
すべての命はつながっている
小さな生き物も
植物も
惑星も
そこに存在する生命は
すべてひとつに繋がっている

劇中では植物や野生生物と原住民族が
交信器官をつなぎ合わせるシーンが何度か出てくるのですが
「兄弟」と呼ぶように姿形がちがうだけで
つながることができる存在なんだと感じさせて印象的です

森の中や空の映像もとてもきれいで
一気に引き込まれる映画でした^-^b


「君が見える・・・・・」

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://komorebinositade.blog15.fc2.com/tb.php/224-c54d6e90



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。