木洩れ日の下で
日々の出来事を、友人に紹介する
フリーエリア



プロフィール

shiva

Author:shiva



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


七つの龍 その2

忙しいので進んでいません
まだまだ序盤・・・・先に進んでるスタッフに言わせると
長~~いOPだという、最初の龍を倒すまでの部分を
未だにやってます(笑)


ギルドの名前は「ミラージュナイツ」(ん?

一応主人公のつもりで作ったヒロイン
ナイト(女性)アイシャ

サムライ(男性)カイエン

ヒーラー(女性)ミース

メイジ(女性)リィ

お?
ファイブスターのキャラたちの名前でやってます(-△-)ノ
ミースがAKDやミラージュナイツに籍を置いた星団史はありませんが
カイエンにくっついていったということで(笑)

男性二人、女性二人のキャラにするはずだったのに
パーティバランス考えたら女性キャラが3人に・・・・
カイエンは喜んでいそうですけどね^-^;
元キャラは星団最強の騎士であり、星団最強の女泣かs・・・・・・・

初めの龍を倒しに行け、というミッションは発動したのですが
キャラを多めに作っていたので
2ndパーティの育成も始めちゃいました

サムライ(男性)ログナー

ナイト(男性)ブラフォード

ローグ(女性)キュキィ

プリンセス(女性)カレン

はい、騎士団長のログナー司令です
ブラフォードとキュキィはご夫婦での参加です
プリンセスと言えば、星団最強のバカップルを両親に持つ
この娘かなぁ?とカレンさんも冒険の旅に出ています

あとはサリオンとかヨーンとか
後に星団史を動かす方達も
キャラ作成だけはしてあります、えへへh

連載再開してくれよ、長野・・・・orz

まだキャラは作れるので、ミラージュ以外の騎士団から
好きなキャラも作りたいなぁなんて思ったり

セーブデータが一つしか持てないのが
ちょと難点(・・;


人々や国からの依頼をこなし
冒険を繰り返すハントマンたち
ギルドと呼ばれるいくつものグループがあり
小さな依頼をこなす者もいれば
国家規模の依頼に挑む者もいる

そんな世界の中に異変が起き始める
突如現れた滅びの花フロワロ
それをもたらした謎の生物ドラゴン

人の世界を守るため
ドラゴンを倒し人類を救う戦いが始まる・・・・・



ここからは妄想

しかし戦いを繰り返す内
ある真実に冒険者たちは辿り着く
フロワロは滅びの花
しかし生態系の破壊の後
再生の力を大地に与える生命体であり
ドラゴンたちはその転生を見届ける存在だった

星や大地の生命を脅かし人を救うのか?
人を滅ぼし世界を護のか?

この戦いの果ては・・・・・・・・・



なんてストーリーでもおもしろいかも?
そんな妄想が浮かんじゃうくらい
序盤はおもしろいのです

分岐点でセーブデータ残せたらいいのに(--;


DSiでSDカード対応になったなら
いずれはカセットタイプのソフトも
キャラデータや途中経過はSDカードに保存
カセット内はシナリオやシステムのプログラムのみ

そこから大ボリューム化が進み
カセット2本組みのゲームができるとか・・・・
そんな訳ないかぁ~(;・・ヾ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
最初の龍を倒すまでがOPなのですか。
俺はもっと進んでないっす。
最初の町出て、ちょっとうろついただけ。
レベルが一つ上がりました。
【2009/03/09 21:21】 URL | 穿焔 #0DW/rr8Y [ 編集]


穿焔さん、いらっしゃませ
セブンスドラゴンも始められたのですね♪

某国を奪還して来い!と言われたのですが
途中の洞窟に小ボスがいっぱいいるわ
回復に戻らないといけないわ
ザコ敵のエンカウント率高いわで
ちょっとペースが落ちてますorz

でもおもしろいので地道にがんばっています
【2009/03/12 00:26】 URL | shiva #gV8j2UfA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://komorebinositade.blog15.fc2.com/tb.php/173-7d2173db



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。