木洩れ日の下で
日々の出来事を、友人に紹介する
フリーエリア



プロフィール

shiva

Author:shiva



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


静かな雨 その2

「また来るね」
「うん、待ってる」
果たされないままの会話。
あんなに簡単な言葉が、最後に交わした言葉になったね。

亡くなる前の様子を、お父様から聞きました。
静かに、眠るように意識が無くなって
そのままだったそうですね。

入院する少し前から、君は夜眠るのが怖くて
お父様の隣に、布団を並べて眠っていたそうですね。

あんなに一緒に過ごして、あんなに側にいたのに
君の本当の不安も、心細さも
何一つ、私達は理解していなかった。。。。。

葬儀の日
教会での葬儀って初めてで
どうしたらいいのか分からない事ばっかり^-^;
みんな、後ろに並ばないでよ。。。。。

葬儀屋さんの手際の良さや
クリスチャンは、お別れの時間を次からは長めに見ないと・・・・
なんて、言ってるのが耳に入って、妙に苛立ったよ。
突然訪れた非日常も、彼らには日常なんだね(´・_・`)

教会に集った人たち。
私達が知らないところでも
こんなにたくさんの人に、囲まれていたんだね。

一通りのミサが終わって、シスターに訊ねられました。
「彼の、お友達のみなさんですか?」
側にいた君のお母様が
「K治が、宝物の様に大切にして来た、みなさんです」って
そう言ってくれました。
ミサの間は泣かなかったのに
また涙が溢れて、昨日あんなに泣いたのに
まだ涙が止まらなかった。。。。。。
何も言えずに、ただ首を横に振ってた。
側にいただけで、本当の気持ちを分かっていなかった私達。
君の想いに、相応しくないと思ったから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

君と過ごした経験から、どこかでハンデを持った方を見ても
子供の頃から、特別な目を向けることは無かったと思う。

映画館のフロアで、人混みに囲まれて動けない車椅子に
「通してあげて」って、声も出せるよ。
白い杖の隣から
「待ってあげてください」って言えるよ。

でもそんな事でなく
友達を、宝物の様に大切に想ってくれた
君の想いに相応しい人に、私は少しでもなれたかな?(^-^;

君の墓碑に刻まれた言葉
「走るべき道を走り尽くして」
君は途中でいなくなった訳じゃないんだよね。
私は、まだ道の途中にいます。

今日も、静かに雨が降る一日です。


あの人にも、いつか話したかったコトの一つ。。。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
雨まだ降ってますか?

わたしは・・・
ハンデを抱えた人に優しくなんてきっとできないな・・・。
ってかもうその考え自体がおかしいのだと思う。
横にいてもたぶん素通り・・・。
寂しい人間ですf(´-`;)
もしも声をかける事をしたとしても偽善・・・。
おろかな人間です。
わたしが生きてきた道のりにハンデを抱えた人がいなかったのも
もしかしたら私自身避けてきたのかもしれませんね。
なんだか・・・
すごいいやな自分を発見しちゃいました。

ただいつもそばにいた友達が消えてしまったとき
息苦しくて、どうしようもなくて
ミサにはいきましたがいまだにあまりそのときの記憶がありません。
でもね!あの頃のわたしたちがまだ心の中にいるよ。
友達っていいですよね!
存在は消えても、ココロにいつもいるから^^

って・・・へんなコメントでごめんなさい。

hiroさん・・・また泣かした~~。・゚・(ノД`)
【2007/12/11 19:53】 URL | よぷに #- [ 編集]


泣き虫だなぁ、よぷぅは(っ・・)ノ゛(i△i)

声をかけない方がいい場面もある
手助けが必要な時もある。
そのタイミングに、少し慣れただけで
僕の出来る事が正しいとは限らないよ(^_^;

雨は。。。。
【2007/12/11 20:38】 URL | shiva #gV8j2UfA [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/12 01:22】 | # [ 編集]

こんばんは。

何と、コメントを残せばいいのか・・・
言葉が見つかりません。

私は、友人を失ったことが今まで
ないもので、何と声をかけたらいいか・・・

きっと、hiroさんのやさしい想いは
その方に届いていると思います・・・・

今は太陽があがらなくても
「降りだした雨はいつかやむんだね・・・」
という、歌詞がある曲があるのですが
この歌詞のように、雨が降る時はこれからも
何度もあるかもしれません。。。。
雨の日ばかりでもないですよ(´;ェ;`)

何を言ってるのでしょうねw
すみません・・・・



【2007/12/12 20:03】 URL | nana77 #- [ 編集]


nana77さん、ありがとうございます。

今回も、これを書いていて
ちょっとウルってなったけど
だいじょうぶですよ^-^

自分の中でも、彼の存在は昇華されて
きっと今の私の支えを作る、要因になったはずです。

思い返しても、笑顔が漏れる場面だって
記憶の中にはあるのです。
哀しい思い出だけじゃない。

精一杯の言葉を、ありがとう(っ^^)ノ゛
【2007/12/12 21:25】 URL | shiva #gV8j2UfA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://komorebinositade.blog15.fc2.com/tb.php/14-9c76cf64



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。