木洩れ日の下で
日々の出来事を、友人に紹介する
フリーエリア



プロフィール

shiva

Author:shiva



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


one year

ちょうど一年前に・・・・・

この道を通ったよr・・・(違)


仕事の後、二人で市役所に行った

いつにしようか相談もしたけど

なかなかうまくかみ合わなかったり

行き違いもあったり

会社にも、もう少し先にと言っていたら

君が書いておいてくれた

婚姻届け


暗くなった市役所

時間外窓口まで提出に行ったね

あれから1年経ったんだね

スポンサーサイト

あの日。。。

2時からの予定だったから
1時過ぎには病室にいられるように出かけて行った

前の夜から食事と水分を制限されて
さすがにお腹を空かせていたね(笑)

待っている間、とり止めもない話をしたね
「麻酔で眠っちゃう前に、ちゃんとY先生に
 いつもよりかっこいいですねって言うんだよ」
「うん^-^」
「山P好きで、コードブルー観てたけど
 先生も手術着着てると、山Pよりかっこいいってね言うんだよ」
「www」

本人の希望と、主治医の判断もあって
膝の手術だったけど全身麻酔でのオペだった

麻酔事故がないとも言い切れない
10回以上手術を受けた本人に言わせると
意識が遠のいて行くのは今わの際を思わせるそうだ

ほぼ予定通りの時間に看護士さんたちが迎えに来た
着て行くものはこれでいいでしょ
T字帯はこうして・・あれ?

慣れたようにも見えるけど
やっぱり井出達を整えるようにも思えて

「シーツ被って行く」
頭見られたくない
看護士さんたちも入院時から事情を知ってくれているので
「これでいいんだね!?」
そう言って本人のいいようにさせてくれる

「じゃあ、行きましょうか」
不安や暗さの欠片もない声で看護士さんが言う
「はい。いってきま~す」ノシ

ベッドごと運ばれて行く君
病人の付き添いなんて慣れたことだったけど
自分の大切な人の手術というのは初めてのこと

病室で待っててと言われてたから
その場で待つことにしていた
「手術室まで行かれますか?」
「いえ、ここで待ってろと言われてますから^-^」
君のしたいようにさせる
それが一番

病室で、持って来た本を読んだり
ゲームをしたりして時間をつぶす
病室のパイプ椅子は長時間座るのには向いてなくて
すわり心地が落ち着かない
向きを変えてみたり
窓の外が見えるように座り直したり

それでも時計を見る度に、確実に針は進んでいた

もうこんな時間か・・・・
時計を見る度にそう思う

聞いていた通りの時間
5時頃に手術室から戻って来た

「?」
なんだろう
麻酔から醒めたばかりとは言え様子が違う

口元には酸素マスク
意識もはっきりと覚醒してない様子だった

「念のために濃度はそれほど濃くないですが、酸素を送っています
 一度目覚めていますから心配ないですよ
 体温が少し下がっているので・・・これも麻酔後のことですから・・・電気毛布をかけてあります
 時間を置いて落ち着いたら、夜8時くらいから水分を摂っていただいても大丈夫ですから」

説明は分かるけど、想像以上の重装備で戻って来た君
たぶん普通通りの手術進行ではなかったんだと分かった

声をかければぼんやりと反応していた
いつもの寝ぼけてる時みたいなんだろうな^-^;
先生が来て、患部の写真も添えて説明をしてくれた
手術前にも聞いていたし
こうなっているんだろうねって言ってた通りの症状だったらしい

君が全幅の信頼を寄せているだけあって、良い先生だったね
よくよくお礼を言って、握手もさせていただいた
「にゃん太さぁ~ん、今日はこれで帰るでね!」
肩を揺さぶり、びっくりするくらい大きな声で君に言う先生
(やっぱり普通の状態ではなかったんだな^-^;)
*某HNで表記していますが、当然リアルでは名前を呼ばれてます

君もびっくりするように目を開けて、辛うじて先生に頷く

後から聞いて知った事だけど
麻酔が効き過ぎていたんだね

マスクから麻酔を吸入する前の点滴の段階で
寝落ちするように意識が無くなってた

むぅちゃんが迎えに来てたんだよ

だっこして、一緒に行こうかねって。。。。

むぅちゃんが胸から飛び出して
歩いて行こうとしたところで
「にゃん太さん!にゃん太さぁん!」って
呼ぶ声がして、そっちに振り向いたら
みんなの声が聞こえたんだ

「よし、もう大丈夫
 酸素抜いて!!」
ズボッって音がして喉から気道確保用のカテーテル引っこ抜かれた
痛かった~

どこまで逝きかけてたんだ^-^;
帰って来た時の様子に納得がいった

ここまで詳しく聞けたのが、実際にはもっと後のこと


マスク越しでなかなか聴き取れない声で
何かを言おうとする君
耳を近づけても酸素の音で聴き取れないくらいか細い声
もっとも、聴力の弱い僕にはマスク越しでなくても
聞き取ってあげられなかったんだろうね^^;

とぎれとぎれにでも会話しようとする君
「手術の前にね・・・ちゃんと先生かっこいいって・・言えたんだよ」
「看護師さんもマスクとって顔見せてくれたしね・・・・
 先生も顔見えないって言ったら・・・・マスクとって顔近づけてくれたんだ・・・・」

酸素マスクのせいもあって、喉や口の中が乾燥してる君に
携帯スプレーに入れたミネラルウォーターで口元を濡らす
水滴を舌先で舐めるように口に含む君
様子を見ながら、何度か口を潤してあげる

水がこの程度行けるなら・・・・
売店まで急いで、紙パックの牛乳を買って来た
ストローを使って、少しずつ唇にミルクを垂らすと
また舌先で上手に口を潤していたね
これも後で聞いたことだけど
ちゃんと「牛乳だぁ~~」って
味も分かっていたんだってね

肩が寒いと言う君に
バスタオルとタオルで肩口や首周りを巻いて温める
それでも冷えると言う君に
今度はカイロを買いに売店まで。。。。。。。(っ・・)っ

さすがに病院
この季節でも、ちゃんとカイロも氷も売っている

うわ言のように寒がったり暑がったりする君を
その都度電気毛布を強くしたり
タオルを巻きなおしたり
布団をどけたり、何度も繰り返しながら様子を見てた

うまく聞き取れなかったり
ちゃんと汲んであげられなくて十分なことができなかったね
それでも助かったって、後で言ってくれてよかったよ

酸素マスクも喉や口元が痛くなるからって
チューブに変えてもらったね
8時くらいに眼を覚ました時
もう水分与えても大丈夫だろうって
上体起してミルクを飲ませたら
ごっくごっく飲んでたね(笑)

看護士さんがその後に来て
お腹が動いてたら、もうお水飲んでも大丈夫ですからね~なんて言ってたけど
それ以前に様子見ながら、いろいろしちゃってました^-^;

麻酔が醒めて1~2時間もすれば大丈夫だろうと思っていたけど
結局あれこれ落ち着いて帰れるようになったのが
消灯時間の9時過ぎだったよね
「付き添われますか?」って聞かれたけれど
ごそごそして同室の方に迷惑になってもいけないからと
家に帰って行ったんだ

翌日から、しっかりとした様子だったし
普段と変らない君だったね▽・ω・▽人(=^・・^=)

これがあの日のこと
今、ブログも何もないから
ここに書いてくれっていうことなので
書き残しておきます

メールや言葉を贈ってくれた方
祈り続けてくれた方

ありがとう

術後、リハビリの担当医がびっくりするくらい
順調に回復しています

痛みや違和感については
完全に馴染むまで時間がかかると思います
それでも、自分にできることをこなしながら
にゃん太さんは元気を取り戻しつつあります



一人で家のことやってますよ(・・)ノ
ちゃんとお留守番してます

明日も買いもの行かないと

洗剤、ネコ草、ウェットフード
それから、それからなんだっけ(・・?

お遣いわんこ▽・ω・▽ノシ


say your NAME

手術は無事に終わりました。

今日から通常食の食事も摂れたし
リハビリもやっています

ご心配をおかけしました



もうしばらくここで書きます

理由は単純に二つの場所を管理できないから(・・;

ご面倒をおかけします


ちゃんと届いてます
ありがとう





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。